最新の情報はFacebook、Twitterなどをつかっています。フォローしてね。 Twitter

目的リターンの種類クラウドファンドの金額お申し込み問い合わせ


食べ手から、作り手の時代へ!
変わろう!今は時代の転換点!
いっしょに自給しよう!土と平和!


いつも応援ありがとうございます!

2002年に他界した故・藤本敏夫さんの残した
「農的幸福=土と平和」をメッセージに、
2007年に産声をあげた「土と平和の祭典」は
今年2016年、おかげさまで10回目を迎えます。


今年は10回目を記念して、10月14日(金)15日(土)16日(日)の3日間、日比谷公園(東京千代田区)で開催。>詳細はこちら


自然を守り、安心安全な食べものを育てる
有機農家、農的暮らしの仲間たち、

環境問題も含めた持続可能で
平和な社会を目指していきたい、
そんな想いをもって活動する人々、

自己責任ではなく、
自立互恵を目指す仲間たちが

年に1度集まる場として
「土と平和の祭典」をつくってきました。

これからの10年は
新たなに、あなたに参加いただき、仲間となって
いっしょに「土と平和の祭典」を育てていきたい!
と考えています。

今回のクラウドファンディングは、
10回目にして、はじめての取り組みです。

この10年、特に5年前の2011年の東日本大震災、原発事故などがあり、
ますます「土と平和」のメッセージが、強く響く社会となりました。

食べ手から作り手へ。
大転換期を迎えつつある時代です。

実際、国の調査をみると、地方暮らしや農業に興味を持ち
田舎へ移住する人々の割合が年々、増えています。
(もしかしたらあなた自身もそのお一人かもしれません。)

そして食べもの、エネルギー も、そして社会も
「依存」から「自給」へ
自分たちでつくる時代にあって
「仲間たちと新しい仕組みをつくる」
そんな様々な事例・プロジェクトが
各地で続々と起こっています。

すでに「個人」「競争」から「共同体」「共有」へ
仲間としての横の「つながり」「チーム」が、
既存のヒエラルキーを壊し、
企業や地域のみならず、国の文化、政策を
大きく揺り動かす時代に変わってきています。

まさに私たちは、その時代に呼応して、
クラウドファンディングを通じて、
あなたを、これまでの「つながり」
例えば、有機農家、農的暮らし、環境活動家、アーティスト、クリエイターたちにつなげ、
さらにあなたを加えた新たな「チーム」をつくる。

そして「農的幸福=土と平和」の社会を目指す
フェスティバル、
「土と平和の祭典」をみんなで自給する。

クラウドファンディングを通じて
大きな「土と平和」のメンバーシップ

つくりたいと意気込んでいます。

どうか、この趣旨にご賛同いただき、
ぜひ「土と平和のクラウドファンディング」を通じて、
仲間になってくださいね。


※メンバーシップとは、集団に所属するメンバーが、各自の役割を果たすことで全体に貢献すること。
具体的には、自分の仕事を確実に遂行する、他のメンバーに協力する、
面倒な仕事を進んで引き受ける、自発的に役割を形成するといった行動が挙げられる。
組織がうまく機能するにはメンバーシップの発揮が欠かせない。
>コトバンク「メンバーシップ」の説明より


※あなたは非営利活動団体の会員になったことがありますか?
今回のクラウドファンドへの参加は、
「土と平和の祭典」主催する「種まき大作戦 実行委員会」のメンバーになる
そんなイメージです。
(実際の5000円一口は、入会金、会費みたいに考えていただけると嬉しいです)

※さらにクラウドファンドを通じてメンバーになると、
特典としてリターン(お礼)がもらえます。


※実行委員長 Yaeをはじめ、加藤登紀子などアーティストたちも参加する
ミーティングやイベントも開催しています。
クラウドファンドだけでなく、「土と平和の祭典」をつくりあげるメンバーの一人として、
これをきっかけに、あなたも参加して、ぜひこのフェスに関わってください。
ご案内します。

※クラウドにご参加いただいた方は、ホームページにメンバーとしてお名前をクレジットさせていただきます。

※いただいた資金は、土と平和の祭典の運営費、リターンへの支払いなどに使われます。

※クラウドファンディングの結果は、クラウドファンディングが終了後、ホームページを通じて、報告します。


今回、10回目記念として特別に制作した農歌アルバム「Love Farmes」。
みんなが「Love Farmes」になる!そんな願いを込めて。Yae、登紀子ほか土と平和の祭典のおなじみのFUNKIST、GOCOO、奈良大介(サヨコオトナラ)の他、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の音楽家大友良英さんを特別ゲストにむかえ、一般の参加者もコーラスに加わりました。
聴くとムズムズ田舎にいきたくなる、農的暮らし、自給生活がウキウキ楽しくなる、元気がでる、みんなで歌えるCDアルバムに仕上がります!乞うご期待!


※音楽を通じて農家、農的暮らしを応援する取り組みです。
千葉県鴨川市にある日本棚田百景のひとつ「大山千枚田」。そのさらに山奥にある「鴨川自然王国」は、1981年、故・藤本敏夫さんが拓き、現在は実行委員長 Yae、世話人代表 加藤登紀子が暮らす農的回帰の実験場です。今、リタイア組、家族連れ、海外の旅行者など、いろんな方々が、農的な体験や癒しを求めて訪れています。
そんな「鴨川自然王国」から、異常気象、獣害の被害を超えて、愛情を込めて育てた天水棚田で今年の秋の新米(玄米)2kgに王国せんべい(10枚/袋)x2袋をつけてプレゼントします。お楽しみ!


※農産物を購入を通じて農家を支援する仕組みです。

※上記申し込みフォームでエラーが出て、お申し込みができない場合は、
お手数ですが、件名を「レコーディング合宿申し込み」として、
以下をメールにコピー&ペーストして、必要事項を明記して、以下アドレスまでご送信ください。

件名:土と平和のクラウドファンディング申し込み

□お申し込みの方のお名前 :

□ホームページにクレジットされる場合のお名前:
※所属団体名や肩書きもあればお書きください。(ただし、30文字程度)

□住所(お届け先) :

□電話番号(できれば携帯):

□メールアドレス :

□ファンドの口数: □Aコース x 口、 □Bコース x 口

□メッセージ:
※請求先が会社名などの場合は、こちらにお書きください。 
※プレゼントの場合は、メッセージに、贈る方の名前、住所、電話番号を別にお書きください。


申し込み先メールアドレス > tanemaki@tanemaki.jp(ハッタ)

【主催】 種まき大作戦 実行員会
【協力】 鴨川自然王国Yae project、トキコプランニング ほか
【問合せ】 種まき大作戦 実行員会 企画 ハッタケンタロー
090-3818-7324/tanemaki@tanemaki.jp
事務局:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-10 1003

www.tanemaki.jp